緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



「かながわ県産木材を知る、バス見学会」に行ってきました。
先日4/22に、家づくりを考えている方を対象とした
「かながわ県産木材を知る、バス見学会」というイベントが行われました。

主催は神奈川新聞社で、共催として、当社も加盟する
「湘南プレミアハウス連絡協議会」も開催母体に加わりました。

このイベントは、県の面積の4割近くが森である神奈川県の森林資源を、
もっと多くの方に知ってもらい活用してもらうことを目的とした見学会です。

県産材の活用に積極的な工務店や製材会社と神奈川新聞社の協力により実現しました。

株式会社緑建設

当社を含め10社近くの工務店や住宅関連会社と、事前募集により集まった
18組の家づくりを検討されているご家族を迎え、見学会はスタートしました。

観光バスを一台貸し切り、まずは相模原市(旧津久井郡相模湖町)にある
森へ向かいました。

そしてここで、実際に木を伐採するところを皆で見学。
そうそう見られるシーンではなく、やはり大変な迫力でしたね。
一同からは、感嘆の声が漏れていました。

株式会社緑建設

株式会社緑建設

株式会社緑建設

津久井の森での見学後は、製材工場へ。
製材工場は当社でもお世話になっている材木問屋の㈱市川屋さんで、
伐採された木がどのように製材されていくのか、その過程を見学しました。

株式会社緑建設

株式会社緑建設

到着をしてすぐに参加をした各工務店が拡声器を使って挨拶をするということになり、
いつものことですがまた、めちゃくちゃ緊張してあがりまくってました(笑)

株式会社緑建設

その後、工場内にて昼食に。
いくつかのご家族から簡単なご相談も聞きながら、イベントは終了しました。

株式会社緑建設

余談ですが、
当初はバスで津久井の森の中に入っていく予定だったのですが、
神奈川新聞社さんが手配したバス会社の配車ミスで、
バスが大きすぎて森への細道に入れないことが分かりました!

そこで、急きょ参加されたお客様に途中から私たちの車へ分乗していただくことに。
私は、たまたまこの日はトヨタの「ノア」という車に乗って来たので、
たくさんのお客様を乗せることができ、お客様をお待たせすることなく
一度に皆さんを森の中へ案内できました。

ちょっとしたアクシデントがあったものの、
普段は見ることができない現場を見学できたことは、
大変有意義な時間でした。