緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



2016年も残りわずか。本年も大変お世話になりました。
この一年もあっという間でした。気がついたらもう今年も残すところあとわずか…。

年々、時間のスピードが速くなっているように感じますが、これは一説には大人になるにつれて、
経験値が積み重なっていくことに関係があるそうです。

新鮮な体験ばかりする子どもの頃は時間の流れが遅く感じ、
仕事に熟達してくると時間の流れが速く感じるというわけです。
私も建築業界で23年を経過したわけですから、時間の流れも速く感じるわけですね。

2016年もいろいろありました。このブログの場を借りて、印象的な出来事や、
力を入れてきたことについて整理してみたいと思います。

●まず、印象的だったのが、当社が約5~6年前まで掲出していた、
JR横浜線や相模線の車内広告を見て、その記憶を留めて何年か経過した今年に
ご相談にお越しいただいた方が多数おられました。その広告とは…

「すみませんが、値引きはできません…」というタイトルの広告。

株式会社緑建設

当社の家づくりに対する真剣さをPRした広告だったのですが、
これを認識してくださっているお客様が多かった印象があります。
ありがたい限りです。


●2つ目は、旭化成建材の「ネオマフォーム全国フォーラム」で
全国の多くの工務店さんと意見交換をしたことでした。

株式会社緑建設

このフォーラムに参加される工務店さんは、いずれもネオマフォームという断熱材を使っており
、その時点で気密断熱性能を重視している会社さんということになります。

そこで、意見交換した際に、住まいの気密性能の指標となる「C値」についても話したのですが、
改めて弊社の気密性能がどこの工務店さんよりも高いことが確認できました。

自慢のように聞こえると思うのですが、当社はこの点に大変こだわっているので、
ここで他社に引けをとるわけにはいかないんです!

常にお客様に対して「気密性能は神奈川、東京では間違いなくうちが一番です!」と
昔から豪語してしまっているので、嬉しいというより、安心しました(笑)。


●3つ目は、当社で柱に採用している、吉野産檜の山林を見学しに、
奈良県の吉野へ一泊二日で行ってきたことです。

10数年前から見学に行っているのですが、今回は以前の見学から
ちょっと時間が空いてしまったので、改めて山の状態を確認しに行ってきました。

株式会社緑建設


山林の他、製材される直前の原木や、作業中の工場内を見学。
そして加工され山積みとなった出荷寸前の柱の様子もしっかり確認して来ました。

やはり吉野産檜はすばらしい!と再確認できた二日間でした!


●そして最後に、印象的といいますか、これは皆さまへのお礼になりますが、
例年にないくらいたくさんの方に、当社へご来場いただきました。

広告宣伝費は私が代表に就任してからのこの5年間で
就任前の半分以下まで削減しているのですが、
それでも年々ご来社されるお客様の数は増え、
今年はこの5年間で最大の来場者数でした。

それに加え、お見積りご提出後のご契約率も前年より高くなっています。
この一年、ご来場ご契約を頂きました皆様、本当にありがとうございました。

株式会社緑建設

今後も、緑建設のことをもっと多くの方に知っていただき、
当社の住まいがマッチする方との良い出会いに向けて、
さらなる『品質』の向上につとめてまいりたいと思います。

それでは皆様、2017年も良い新年をお迎えください。
今年一年、ありがとうございました。