緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・クルマ
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 25年
(現場監督8年、営業職17年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



準防火地域用のサッシが値上がりします
突然ですが、以前このブログで…

「準防火地域認定の住宅用サッシが、国の耐火基準を満たしていないことが発覚し、でもそれは国の責任であって、メーカーに責任を押し付けるのはかわいそう」

ということを、書かせていただきました。
以下がその時のブログです。↓
http://midorikk.blog98.fc2.com/blog-category-19.html

ブログの論旨を簡単にまとめると、国の基準では、準防火地域のサッシは20分の耐火時間がなくてはいけないところが、抜き打ち検査をしたところ、どのメーカーのサッシも20分もたなかったというもの。
でも、そもそも焼け落ちたサッシは、国が定めた基準通りに各メーカーは造り、国から防火の認定を取得していたものだったのに…という内容です。

株式会社緑建設 サッシ

それが、2011年3月のことでした。
その後、不適合の既存サッシには、シャッターを付けて防火性能を高めたり、取り急ぎ国土交通省(国)の認定を取得した代替品で対応してきました。
そしてついに、来年1月から、国の基準を満たし、個別認定を取得した防火サッシに完全に切り替わることになりました。

株式会社緑建設 サッシ

耐火性能が高まった安全なサッシが普及することは、大変喜ばしい一方で、お客様にとっては重要な問題があります。実は価格もアップしてしまうのです。なんと以前の2倍前後に跳ね上がってしまいます。

金額にして、延床面積35坪~40坪くらいのお住まいだと、100万円~200万円ほど値上がりする計算になります。

家づくりの流れを考えると、当社の場合、ご契約が10月以降のお客様から、こちらのサッシの対象となります。

ご存知の方も多いと思いますが、消費税が8%になるにあたり、住宅ローンの控除額が大幅に拡充されることがほぼ決まっています。

今回のサッシの問題は国にも大きな責任があるわけですので、本来であればこちらの優遇措置も国にお願いしたいところです。

家づくりをお考えでご不明な点がある方は、いつでも当社にご相談ください。