緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



洗面化粧台・・・デザインOK 、でも選び方で反省
 T社の純白の洗面化粧台。見た目はきれいです。だけど選び方を誤ったのか、ちょっと不便な思いをしています。

senmendai02.jpg 洗面ボウルと、その上の鏡との間に、カウンターが一枚あるのですが、時にこれが邪魔になります。

 私は頭髪に寝ぐせが付きやすいので、朝は洗面台で頭にお湯をかけ、髪全体を濡らすのが昔からの習慣です。そのときの姿勢は朝シャンのような感じです。ところがこの洗面台では洗面ボウルの上に頭を突っ込むと、カウンターがゴツンゴツンと当たります。やりにくい!

 もっと頭を引けばいいんですが、そうすると頭に掛けたお湯が床に少し落ちます。これはこれで困りものです。うなじのあたりまでお湯をしっかりかぶろう、なんて考えるのがいけないのかもしれません。

 カタログで吟味していたときは、カウンターに物をいろいろ置けて便利そうに見えました。確かにカウンターには歯磨き用のコップなどが置けるので、便利です。価格もさほど高くなかったので、ついこのモデルを選んでしまいました。

 でもやっぱりショールームで実物を前にして、歯を磨くふりをしてみたり、朝シャンするふりをしてみたりして、しっかり検証してから決めるのが理想ですね。わが家の場合、朝シャン対応型の洗面化粧台にするべきでした。自分の家だからといって、少々油断しておりました。





「水まわり設備など 」・・・ |1|23