緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



「値引きはしません」 電車内広告の反響が倍増
「値引きはしません」

これは、私が当社の宣伝広告に使っているキャッチコピーです。
以前にも、このブログ上で紹介させていただきましたが、JR相模線・横浜線の車内広告にも
現在掲載されています。
値引きはしません、というかできません… 多額の値引きができるのであれば、最初からその金額を提示すべきです

最初にこのコピーを思いついた時は、宣伝文句として機能するのかどうか…
さすがに戸惑いました。
「ただ価格が高い会社」と思われて敬遠されるのではないかと…。
しかし、掲載から約半年が過ぎて、多くのお客様から予想以上に嬉しい反響があり、
驚いています。
電車の車内広告は約7年前から続けてきました。今まで様々な見出しを掲載してきましたが、
過去一番反響が良かった見出しと比較しても、現時点で2倍くらいの反響があります。

「値引きはしません」 という言葉の真意は、文字通りかたくななまでに一切値引きをしない、
ということではなく、お客様との駆け引きのために「値引き」をしないということです。

最初から値引きができるような戦略的な見積もりを作って、
お客様の顔色を見ながらジワジワ値引きをしていく…。
これが常套手段です。
これほど、お客様と当社双方にとってムダなことはありません。

当社の場合、最初に提示する見積もりが、限界ギリギリまで値引きをした金額です。
お客様には、駆け引きなしの一発勝負で、提案させていただきます。
後出しで値引きができるような見積もりを作ることは、
お客様をバカにしていることと同じではないでしょうか。


今回、電車内広告が今までにない反響につながっているのも、
こうした私の考えに共感してくださる方が少しずつ増えてきたからだと思っています。

資料をご請求してくださった方はもちろん、家づくりに疑問を感じている方も、
ご遠慮なく当社にお問い合わせください。
私が、何でも正直にお話しさせていただきます。