緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



吹き抜け窓の大掃除 2008/12/31
 「マイホームよ、2008年もありがとう」と、年が変わる前に大掃除をしました。


fukinuke.jpg 難儀するのは吹き抜けの窓です。採光用として普段は重宝している窓も、大掃除のときばかりはどうしようかと悩みます。

 リビングの床から窓の下端までが大体3mくらいですから、もちろん床に立ったまま手の届く高さではありません。

 当然、長いハシゴか脚立が必要になるわけですが、年に一度の掃除のためにわざわざ買うというのも・・・。

 (買うのもいいけど、どこに置く?!)



20081231-03-small.jpg そんなこんなで悩んでいたところ、コンパクトな「伸縮式はしご」が目に留まりました。

 これは便利そう!と、なかば衝動買いです(左の写真=アルインコ「伸縮式はしご」MW-39。伸ばすと3メートル80センチ)。



20081231-02-small.jpg さっそく現場監督時代の作業着を引っ張り出して着用、ハシゴを伸ばして上りました。

 いざ拭いてみると、結構汚れていました。私も妻もタバコは吸いませんから、まだマシなのでしょうけど。



 私は職業柄、今でも高所に上りますから、この程度の高さは苦になりませんが、下で見ていた妻と息子は「見ているだけで怖い!」と言ってました。

 確かに危険をともなう作業ですので、同じく吹き抜け窓の掃除でお悩みの方、自信がない場合は無理をせず、専門の掃除屋さんに依頼することをお勧めします。