緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



横浜市営地下鉄ブルーラインに当社の広告が掲載されています!
先日10/1から、横浜市営地下鉄ブルーラインの車内に、当社の広告が掲載されています。
場所は、下の写真のようなドア上の部分です。(全車両に掲載されています)

株式会社緑建設 電車広告

JR相模線に以前から掲載している車内広告の内容を、今回ブルーライン用にデザインしなおしました。
えっ?!ていうコピーが大きく掲載されている、当社の意見広告のような内容です。

「すみませんが、値引きはできません…」

これをご覧になった方は、「生意気な会社だな!」なんて思われる方もいるかもしれません。
でも、これには私なりの深い意味があるのです。

株式会社緑建設 電車広告

これは、一切値引きはしない、ということではありません。
この言葉の真意は、「戦略的な見積もりは作らない」ということなのです。

例えば、お見積もりを出した後に、他の競合他社やお客様の顔色をうかがいながら、インパクトを出すために大幅な値引きをする…。
これってとてもお客様をバカにしている行為だとは思いませんか?
値引きができるのであれば、最初の見積もり時点で目一杯値引きをした状態でご提示すべきです。
お客様が何も言わなければ、その不当に高額な価格でご契約させられていたのかもしれないのです。

当社では、コストを精査して目一杯値引きさせていただいた状態のお見積もりしかご提示しません。
そんな当社の考えを、シンプルに打ち出したのが、この写真の電車広告です。

実はすでに、吊り革広告もブルーラインの車内に掲示されています(内容は同じです)。
ただ、一日37本走っているブルーラインの電車のうち、10月からは合計5本の電車で、それぞれ1車両のみという少なさ…。希少価値の高い吊り革広告なのです!

株式会社緑建設 電車広告

しかも掲載される車両が何時何分の電車なのかも一切教えてはもらえないので、実はわたし自身もまだ見たことがないのです(笑)。
確率的に、この吊り革広告と出会うのは相当難しいと思いますが、ブルーラインをご利用の方は、ちょっと気にして見ていただけると嬉しいです!



※JR相模線にも掲載しています
株式会社緑建設 電車広告