緑建設の社長ブログ『いつでも真向勝負!』
家づくりの裏表、包み隠さず話します
検索フォーム



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



プロフィール

(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)

Author:(株)緑建設 代表取締役  斉藤正臣(サイトウ マサオミ)
生年月日 1973/1/20
血液型 A型
趣味 ゴルフ・スノボー
出身地 神奈川県相模原市
(旧津久井郡城山町)
建築業界 22年
(現場監督8年、営業職14年)
緑建設ホームページ
http://www.midori-kk.com/



「家づくり相談会」に足を運んでくださり、ありがとうございました
先日3/16(日)に「家づくり相談会」を行いました。
多くのお客様からご連絡をいただき、誠にありがとうございました。

実際に当社まで足を運んでくださいました、相模原市緑区のS様・A様、府中市のS様、そしてご契約間近の厚木市Y様、重ね重ねありがとうございます。

府中市のS様は私のこのブログもたくさん読んでくださっていたそうで、大変うれしく思いました。
忙しいとついつい書くことが後回しになってしまうのですが、S様のような方のお言葉を励みに、自分を鼓舞しながら取り組んでいきたいと思います。

株式会社緑建設ショールーム

また、今回初めて当社に足を運んでくださった相模原市緑区のS様・A様は、JR相模線の車内に掲載されている当社の広告をご覧いただいたお客様でした。

その内容はとてもシンプルで、白地に主に以下の文字が大きく書かれている内容です。

「すみませんが、
値引きはできません…」

株式会社緑建設 電車広告

これを見た方の中には「はぁ!?生意気な会社だな」なんて思われる場合もあるかもしれません。

でも、「一切値引きはしません」ということではないんです。

この言葉の真意は、戦略的な見積もりは、作らないということなんです。

例えば、お見積もりを出した後に、他の競合他社やお客様の顔色をうかがいながら、インパクトを出すために大幅な値引きをする…。
これってとてもお客様をバカにしている行為だとは思いませんか?

値引きができるのであれば、最初の見積もり時点で目一杯値引きをした状態でご提示すべきです。
お客様が何も言わなければ、その不当に高額な価格でご契約させられていたのかもしれないのです。

当社では、コストを精査して目一杯値引きさせていただいた状態のお見積もりしかご提示しません。
どんぶり勘定で大幅な値引きができるお見積もりではなく、最初にご提示するお見積もりの段階から、「本見積り」を作成するのが当社の流儀です。

そんな当社の考えを、シンプルに打ち出したのが、この写真の電車広告でした。
JR相模線に乗られた際は、ぜひ探してみてください。